2017年02月一覧

ワキ脱毛12回の施術をした結果・感想

脇脱毛12回

ワキ脱毛の施術を計12回受けた結果、かなりというか、ほとんど毛が無くなりました。時折新たな毛が生えてきますが、そんなのは数えるほどですし、ピっと抜いてしまえば簡単に処理できます。

もしかすると、時間が経てば、また新たな毛が生えてくるのかもしれませんが、それでもまあ、十分満足できる結果だといえるでしょう。

ちなみに、12回の施術に要した期間は大体半年です。つまり、1か月に2回の頻度で施術を受けてきた計算になりますね。これくらいの頻度なら、どんなに忙しい方でも無理なく通えるのではないでしょうか。

さてさて、私がワキ脱毛を受けるにあたって、一番心配していたことは、ずばり痛みです。脱毛の際に使われる器具はレーザーです。このレーザーを毛根に照射して、根こそぎ毛を取っ払うわけですが。レーザーを照射すると、バチッと来る痛みに襲われます。これがねえ、はっきり言いますと、私はかなり痛かったです。

とりわけワキの中心部の痛みは、相当なものがあります。中心以外、つまり外側の部分はそれほど痛みを感じないのですが。内側に向かっていくごとに痛みは増していきます。

そして、中心部に至ると。思い出しただけでもゾっとするくらいの痛みが生じます。それくらい、痛いので、”痛がり”の方は、覚悟しておいた方がいいでしょう。

とまあ、ちょっとばかしビビらせてしまいましたが、実は回数を重ねていくと、この痛みはどんどん薄れていきます。先生曰く、毛が濃い状態でレーザーを照射すると、どうしても痛みが生じるんだとか。毛が太いからレーザーを照射した際、焼ける範囲?面積?が大きいのがその理由だとのことです。

で、施術を受けていくと、当然のことながら徐々に毛が薄くなっていくわけですが、それに伴って痛みも減っていくそうです。実際、初回に感じた痛みと、2回目以降に感じた痛みとでは雲泥の差がありました。なので、痛みに関して言えば、最初さえ乗り切れればあとは問題ないといえるでしょう。

オールシーズン脱毛できる脇

あと、ワキ脱毛を受けるにあたって、とても重要なことがあります。
それは、ワキ脱毛は基本的にはオールシーズン受けられる、ということです。

どういうことかというとワキというのは、紫外線にさらされにくい部位なので、お肌にダメージが蓄積されにくいのです。

他の部位、例えば、腕や脚などといった部位は、夏の季節には紫外線をふんだんに吸収してしまいますよね。そうすると、レーザーで照射されたあとの、デリケートな肌に対して多大なダメージを与えてしまうことになるのです。

ワキの場合は、そういった心配が皆無なので、オールシーズン、厳密に言えば、夏の季節でも問題なく施術を受けられるってわけ。とはいえ、多くの方が、お肌の露出が多くなる夏に向けて、冬や春のうちから脱毛を開始すると思うので、わざわざ夏から始めるのもどうかとは思いますが。

でもまあ、人それぞれいろんな事情がありますからね、夏から脱毛を始める人もいないとは限りません。そういう人のために、ぜひとも、ワキ脱毛は夏でも大丈夫だということを知っていただきたかったのです。

さてさて、ワキ脱毛をしてからの私の生活は本当に充実しています。面倒だったムダ毛処理から解放されるとともに、単純に見た目が美しくなりましたからね。

やっぱりスベスベのワキっていうのは、いいですね。ふとした時に(どんな時?)恥ずかしい思いをしなくてもいいですし。

とまあ、今回のワキ脱毛を経験して、最近ではデリケートゾーンの脱毛も検討している私。近い将来、ここ日本でもデリケートゾーンの処理が当たり前になる時代が必ずやってくるはずです。
来たる時に備えて、今のうちからやっておいて損はないかと。